What kind of house is a The Canadian House?


 豊富な森林資源を持ち、世界で最も住環境の整った国のひとつ・カナダ。
 カナダが住宅先進国になったのには理由があります。
 自然環境保全に対する高い意識のもと、住宅や建材に関する各種規制が行われてきたこと、
 また厳しい自然環境の中での快適な暮らしを確保するため、住宅に関する技術開発や改良が
 行われてきたことなどから、今やカナダは住宅先進国となりました。
 その住宅は世界の様々な土地の暮らしに適応できる高性能・高品質な住まいとして認められています。



 個性あふれるデザインの多彩さ

多文化主義に支えられたカナダには、ヨーロッパを中心とする伝統的かつ多彩なデザインの住宅が共存しています。ライフスタイルや価値観が多様化する中、カナダ住宅ならではのデザイン・バリエーションの豊富さは、住まいに個性やオリジナリティを求める人々の心を満たしています。


 自然環境に育まれた世界水準の住宅機能

広大な国土を有するカナダは、極寒の地から夏には35℃を超える地域もある厳しい自然環境にある国です。こうした環境で快適に暮らすため、カナダでは早くから断熱・気密・省エネ性能などに関する技術開発や改良が繰り返されてきました。こうした努力が、カナダ住宅の世界水準の住宅性能を支えています。



 リノベーションの習慣を支える2×4住宅

住宅を自分たちの生活に合わせてリノベーションしながら長く暮らす、それがカナダの一般的なライフスタイルです。中には、100年を経たオールドスタイルの住宅を購入し、手を掛け時間を掛けて居心地のよい住まいに仕上げる方も少なくありません。こうしたリノベーションを可能にしているのは、住宅そのものの強さです。2×4工法ならではの高い耐久性と強靭な躯体が、カナダならではの「手をかけながら長く住み続ける」というスタイルを支えています。


 大規模木造建築の先進国

木造建築には地球温暖化の原因となるCO2を吸収する働きがあるほか、資源循環型社会を支える再生可能な資源であること、またRC造や重量鉄骨造に比べて建築費やランニングコストの軽減といったメリットがあることから、世界的に木造建築が見直されてきています。長年、木造住宅の建築技術を磨いてきたカナダは、世界に先駆けて体育館や学校、公共施設といった大型施設を木造で建てるなど、強さと美しさを兼ね備えた大規模木造建築の先進国となっています。

「憧れ」と「大好き」を詰め込んで「理想の住まい」をつくる


  Good Design Good Quality Good Price


 大切なのは、住む人の美意識を満たし、愛着を育むことができるデザイン。
 ライフステージの変化に対応できる機能性。
 そして、安心と快適さをもたらす堅牢な構造と高い住宅性能です。
 住む人が自分らしく、永く、快適に暮らすことができる理想の住まいを
 SELCOHOMEは適正価格でご提供します。



シェアする